松風公認!全8日間短期集中・低価格・アイリスト養成スクール

セレッジアイリストスクールの問い合わせは0120-336-631

持っていると有利なアイリストの資格

 2018/02/01

アイリストとして仕事をするには美容師免許は不可欠ですが、それだけでは就職や転職に有利にはなりません。サロン面接時には必ず技術チェックがありますが、自分のスキルを証明する資格を取得しておくというのも1つの方法です。

JLA技能検定「アイデザイナー技能検定」

JLA(日本まつげエクステンション協会)は実施する「アイデザイナー技能検定」は、認知度も高く受講する人も多い検定です。アイデザイナー2級、トップアイデザイナー1級があり筆記と実技があります。
これらの資格の保有を採用の条件にしたり、優遇したりするサロンもあるようです。

JEA(日本アイリスト協会)、NEA(日本まつげエクステ協会)の検定も

その他、JEA(日本アイリスト協会)が実施するアイリスト技能検定や、NEA(日本まつげエクステ協会)のプロアイリスト検定などもあります。
資格さえ取ればOKというわけではありませんが、資格を取得するために費やした時間は必ず自分の身となり、自信にも繋がります。自分の希望のサロン、少しでも条件の良いところに就職したいと思うのであれば、これらの資格を取得しておくことも大きなアピールとなるでしょう。

セレッジアイリストスクール
関連記事

メンズマツエクも人気急上昇中!そのワケとは?

中性的な男性TVタレントの影響もあってか、最近では男性がまつ毛エクステが行うことも一般的になって来ています。 以前は一部のミュージシャンやファッション関連などの男性が美を追求して行うケースが多かった...

海外でアイリストとして働く方法

まつげエクステは日本や韓国、シンガポールなどのアジア圏だけではなく、ドイツなどのヨーロッパやアメリカでも人気があります。日本人は細かい作業が得意というイメージもあり、世界的に見ても日本人アイリストは需...

育児との両立も!アイリストの多様な働き方

美容業界の仕事を目指す方の中には「妊娠したり子どもが出来たりしたら、仕事を続けられるか心配」という悩みを持つ方もいるのではないでしょうか。 美容師は勤務時間に融通がききにくく長時間にわたる場合もある...

アイリストの給与はどのくらい?

アイリストを目指す上で気になるのがお金のこと。実は、アイリストの平均月収というものは明確な数値化はされていません。 厚生労働省調べの平成27年の理容師・美容師の給料は平均月収23万円、平均年収はおよ...

アイリストの将来性って?

いまや「まつ毛エクステ」は美容室やネイルと並び、身近な美容となりました。まつ毛エクステサロンが増えているのに対し、アイリストの人材不足が叫ばれています。 以前はまつ毛エクステ経験者しか受け入れなかっ...

アイリスト必見!眼精疲労のケア方法

アイリストは長時間集中して作業をするので「視力低下」や「眼精疲労」に悩まされる人も多いようです。目が重く感じられたり、かすんで見えたり、さらには頭痛や肩こり、めまいや胃腸に影響を及ぼすこともあります。...

アイリストに向いている人ってどんな人?

アイリストを目指すうえで、自分がアイリストに向いているかどうか、気になる人もいるのではないでしょうか。どんな人がアイリストに向いているかアイリストの適正について考えてみましょう。...

アイリストの研修内容って?

サロンに入社すると、まず先輩アイリストや専任の講師から研修を受けます。サロンによってまつげエクステの装着方法や接客内容が異なったりするため、経験者の人でも一通りの研修を受けるのが一般的です。経験者であ...

エリアによって異なるサロンの客層の違い

アイリストとして就職や転職をする際に、重要なのが働くエリアです。もちろん自宅から通勤しやすいかも大事ですが、エリアによってお客様の層やお店の雰囲気が異なるので、あらかじめ調べておきましょう。...

正社員アイリストとしての働き方

アイリストの求人サイトを見ていると、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託など様々な働き方があります。アイリストは自分のライフスタイルによって働き方を変えられることもメリットの1つです。でも正...

特集記事

↑TOPへ

会社概要プライバシーポリシー
会社概要プライバシーポリシー