松風公認!全8日間短期集中・低価格・アイリスト養成スクール

セレッジアイリストスクールの問い合わせは0120-336-631

サロン勤務に向いている人ってどんな人?

 2018/01/10

アイリストは自分のお店をオープンする道がある一方で、サロン勤務を続けキャリアアップするという道もあります。
サロンスタッフとして成功する人の特徴についてご紹介いたします。

自分に与えられた役割以上のことができる人

まずは、技術力や接客力を上げ、売り上げなどを意識しながら施術できることが第一ステップです。
キャリアやサロン歴などによって与えられる役割や責任は変わってきますが、それを全うするだけでなく、プラス@の行動が出来る人がよりキャリアアップできます。
例えば、お店の清掃の仕方を見直したり、店販のためのPOP作成など、お店をよくするためにどうしたらいいかを考え、気づいたことを提案・実行しましょう。

チームワークを大切に出来る人

サロン勤務にはチームワークも大事です。自分だけの売り上げやスキルアップを考えるだけでなく、周囲のフォローやサポートができる人はサロン勤務に向いていると言えます。人材育成の取り組みはリーダーや店長となっていく上で大切な要素の1つと言えます。

安定した環境でじっくり働きたい人

サロン勤務の大きなメリットは安定的に働けるということ。自分のお店を開く場合だと、施術以外にも集客やお店の将来など考えることが多岐に渡ります。
技術に集中したい、人材育成に興味がある、じっくりと腰を下ろして働きたいという人もサロン勤務に向いています。

セレッジアイリストスクール
関連記事

アイリスト必見!眼精疲労のケア方法

アイリストは長時間集中して作業をするので「視力低下」や「眼精疲労」に悩まされる人も多いようです。目が重く感じられたり、かすんで見えたり、さらには頭痛や肩こり、めまいや胃腸に影響を及ぼすこともあります。...

持っていると有利なアイリストの資格

アイリストとして仕事をするには美容師免許は不可欠ですが、それだけでは就職や転職に有利にはなりません。サロン面接時には必ず技術チェックがありますが、自分のスキルを証明する資格を取得しておくというのも1つ...

マツエクサロン開業に必要な資金はどのくらい?

まず、店舗を借りて開業する場合は、月々の家賃に加えて、敷金・礼金を6ヶ月分〜10ヶ月分を求められることがあります。加えて、人気エリアの物件は、様々な業種の出店オファーが集中するので、出店審査が厳しい場...

アイリストの将来性って?

いまや「まつ毛エクステ」は美容室やネイルと並び、身近な美容となりました。まつ毛エクステサロンが増えているのに対し、アイリストの人材不足が叫ばれています。 以前はまつ毛エクステ経験者しか受け入れなかっ...

アイリストの施術スピードを上げるコツ

アイリストで大事なことの1つとして挙げられるのが「施術スピード」です。 例えばまつげ100本を1時間で付けられる場合と30分で付けられる場合では、サロンとして受け入れることができる人数が変わってくる...

アイリストに向いている人ってどんな人?

アイリストを目指すうえで、自分がアイリストに向いているかどうか、気になる人もいるのではないでしょうか。どんな人がアイリストに向いているかアイリストの適正について考えてみましょう。...

正社員アイリストとしての働き方

アイリストの求人サイトを見ていると、正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託など様々な働き方があります。アイリストは自分のライフスタイルによって働き方を変えられることもメリットの1つです。でも正...

アイリストの給与はどのくらい?

アイリストを目指す上で気になるのがお金のこと。実は、アイリストの平均月収というものは明確な数値化はされていません。 厚生労働省調べの平成27年の理容師・美容師の給料は平均月収23万円、平均年収はおよ...

アイリストの研修内容って?

サロンに入社すると、まず先輩アイリストや専任の講師から研修を受けます。サロンによってまつげエクステの装着方法や接客内容が異なったりするため、経験者の人でも一通りの研修を受けるのが一般的です。経験者であ...

海外でアイリストとして働く方法

まつげエクステは日本や韓国、シンガポールなどのアジア圏だけではなく、ドイツなどのヨーロッパやアメリカでも人気があります。日本人は細かい作業が得意というイメージもあり、世界的に見ても日本人アイリストは需...

特集記事

↑TOPへ

会社概要プライバシーポリシー
会社概要プライバシーポリシー